剪定で株を小さくする

挿し木で育ったアジサイ豆盆栽の脇芽挿し木から育てて花が咲き、こんな脇芽が出るまでに成長してくれたアジサイ君。
嬉しいです。本当に嬉しいです。

しかし、成長しすぎてしまっている傾向もあるので、ここらで脇芽を剪定し切り戻しをしたいと思います。

鉢はこのまま、小さな株のアジサイとして育てたいのでなるべく下の方の脇芽を伸ばすように仕立てていきます。
アジサイを脇芽の上で切り戻しこれはアジサイの株全体の写真です。
この赤い線の場所で切り戻しをしようかと思います。

ちょうどこの赤い線の下に小さな脇芽が出ていたためです。
脇芽ってのは、基本的には上にあるものの方が優勢らしいので切り戻しを行わなければ、下の方の脇芽は成長できません。
切り戻しを行い、上方の脇芽を剪定すれば下の脇芽も成長が始まります。
剪定をし株を小さくしたアジサイ剪定後のアジサイです。
少しですが小さくなりました。

来年も花を咲かせてくれることを願って、毎日愛でていきたいと思います!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です